小児歯科

当院の小児歯科のポイント

子ども好きの院長とスタッフが予防や治療を行います

小児歯科やましたデンタルクリニックでは、院長を筆頭に、子ども好きのスタッフが揃っています。

すべてのお子様に歯医者さんを好きになってほしい。すべてのお子様に健康できれいなお口をプレゼントしてあげたい。そんな強い想いをもって、診療を行っております。

もちろん、“好き”だけでは何事もうまくいきません。初診のお子様の迎え方、話し方、気持ちのほぐし方やトレーニング方法、デンタルIQの育み方を学び、臨床現場で活かしております。

こわがりなお子様、他院で治療が難しかったお子様も、ご安心の上、お連れください。

決して無理強いはしません

小児歯科やましたデンタルクリニックでは、緊急を要するケース以外で、嫌がるお子様に無理に治療を行うことはありません。
また、保護者様にも歯科医院・ご自宅にかかわらず、「こわがっていること」「嫌がってしまうこと」に対して叱りつけたりしないよう、お願いしております。

押さえつけたり、叱りつけての治療は、必ずお子様に「こわいと思っていたら、やっぱりこわかった」という記憶を植え付けてしまいます。その次の受診、その次の次の受診と、当分はその記憶が残るでしょう。そして中には、大人になっても、「痛い・こわいから行かない」というケースが存在してしまうのです。

初めて歯科医院に来たお子様に「こわいと思っていたら、実はこわくなかった」と思ってもらうのが、私たちの務めだと考えております。その次はもう少し気楽に、その次はちょっと楽しく、と成長してもらってこそ、やましたデンタルクリニックで小児歯科を受診したことに意味が生まれます。

保護者様も決して焦らないでください。泣いても、嫌がっても、待ってあげましょう。お子様のお口の健康に対する成長を、保護者様と一緒に育んでいければ、幸いでございます。

キッズルームがあるから楽しく通える

キッズルーム受診の前後や保護者様の診療を待つ間、お子様にキッズルームをご利用いただけます。

歯科医院で過ごす時間が少しでも楽しいものになればと、おもちゃ、絵本、ガチャガチャ、ぬいぐるみなどをご用意 しております。

常時、目が行き届くようにスタッフを配置しておりますので、ご安心の上、ご利用ください。

当院で行う子どもの予防

フッ素塗布

フッ素塗布高濃度のフッ素を歯に直接塗布し、虫歯を予防します。
乳歯が生え始めたばかりの小さなお子様も、安心して受けていただけます。(もちろん、大人も受けられます)
フッ素塗布の効果は約3カ月と言われておりますので、定期的に行うことをおすすめします。

シーラント

シーラントブラシの届きにくい奥歯の溝に、歯科用プラスチックで予め埋める処置を「シーラント」と呼びます。
永久歯よりも虫歯になりやすい乳歯をもち、ご自身での歯磨きがまだ不十分であるお子様の虫歯を効率よく予防します。
特に歯の溝が深いお子様は、フッ素塗布と併せてシーラントも受けられることをおすすめします。

当院で行う子どもの治療

虫歯治療

虫歯治療大人の虫歯治療と同じように、ごく初期の虫歯であれば、歯を削らずに、フッ素塗布やフッ素入り歯磨きの使用で治すことができます。また、永久歯への生え替わりなどを考慮し、予防処置に留めることもあります。

歯を削る治療が必要な際は、声がけをしながら、こわがらないように、驚かないように処置を進めて参ります。
虫歯のようだけれどこわがって行きたがらない、というときには神戸市西区伊川谷のやましたデンタルクリニックにご相談ください。

咬み合わせ治療

前歯には前歯の役目が、奥歯には奥歯の役目がありますが、その歯が上下でうまく噛んでいないと、さまざまな場面で支障をきたします。

「食べ物をうまく噛めない」ことで、飲み込む癖がついたり、栄養がしっかりと吸収できなかったり――
「発音がし辛い」ことで、言葉が遅れたり、積極性が薄れたり――
「咬み合わせがずれている」ことで、顎関節や身体のバランスを崩したり――

当然ながらお子様は“正しい咬み合わせ”を知らないわけですから、ご自身で異常を訴えることができません。定期的に歯科医院に通ったり、保護者様が気をつけて見てあげることが大切になります。

咬み合わせを調整することで、無用なトラブルを防ぎ、お子様のお口と身体の健やかな成長を促すことができます。

乳歯の虫歯は気をつけましょう

虫歯治療
乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすく、また進行しやすい歯です。永久歯と比較した場合、エナメル質が薄いため、すぐに穴が開いたり、象牙質にまで到達してしまうのです。

ときどき「乳歯はいずれ永久歯に生え替わるから、虫歯を放置してもいい」という認識を持った保護者様が見られますが、これは大きな間違いです。
まず、虫歯になった乳歯が健康な永久歯へと生え変わっても、お口の中が“細菌だらけ”であることには変わりありません。特に生え始めの永久歯は、乳歯と同様に虫歯になりやすい性質を持っているため、せっかくの永久歯がすぐに虫歯になってしまう可能性が高くなります。乳歯の虫歯はその都度きちんと治療し、“きれいなお口”で永久歯が迎えてあげなければなりません。

また、もし乳歯が重度に虫歯になって、本来より早く脱落してしまった場合、その下に控えている永久歯が勘違いをして、本来より早く生えてきてしまうことがあります。歯の生え替わりにはきちんと順番があり、正しい順番で生え変わってこそ、正しい歯並びが形成されます。そのため、ある乳歯の脱落によって生え替わりの順番が狂うと、永久歯の歯列に悪影響を及ぼすことがあります。

保護者の方へ

定期検診を、当たり前の習慣に

定期検診幼少期から歯科医院に通うことで、定期検診を「当たり前の習慣」として身につけることができます。

早寝早起きや整理整頓といった日常生活での習慣と同じように、時間と回数をかけて身についた習慣は、その人の将来的なライフスタイルを良質のものとしてくれます。

お子様がご自身で「定期検診に通いたい」と言いだすことはありません。初めは、むしろ嫌がるでしょう。やましたデンタルクリニックでは、少しでもお子様に楽しく通院していただけるよう、コミュニケーション方法、治療内容、環境づくりなどにおいてさまざまな取り組みを行っております。

ぜひ、やましたデンタルクリニックで、お子様と、ご家族様の定期検診を始めてみてください。

すべてのお子様にフッ素塗布・シーラントを。

やましたデンタルクリニックでは、お子様の予防歯科において、フッ素塗布、シーラントを主軸としております。

特にフッ素塗布とシーラントは、すべてのお子様におすすめできる予防処置です。また、口回りの筋肉トレーニングを行う口腔筋機能療法(MFT)も必要に応じて、積極的にご利用いただきたい治療です。

虫歯をはじめとする口腔トラブルを予防する方法が、歯科医院で痛みや不快感なく受けられるということを保護者様に知っていただき、ぜひ一度はご検討・ご相談いただければと思います。

仕上げ磨きは、できるだけ長く続けてあげてください

仕上げ磨き仕上げ磨きは、小さなお子様だけでなく、小学生のお子様にも必要なものです。

大人でもなかなか難しい「正しい歯磨き」。小さなお子様はもちろん、ブラシをしっかり持てるようになった小学生でも、そう簡単ではありません。

年齢があがるにつれて、嫌がるようになるかもしれませんが、できれば、小学校中学年(3~4年生)までは仕上げ磨きをしてあげてください。

毎日が難しければ、ときどきでも構いません。2日に1回、週に1回でも、保護者様のチェックが入ることには意味があります。

住所〒651-2113
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1051-1
TEL078-976-7887
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

土曜 8:30~13:30 休診日:木曜、日曜、祝日

MAP
  • 専用駐車場3台完備
  • バリアフリー(ベビーカー・車いすOK)
  • キッズスペースあり